混浴のまとめ(混浴情報と評価)混浴を求めて旅行することが大好き。実際に訪れた混浴の情報をまとめました。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 新潟県の混浴

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://royuri.blog135.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

五十沢温泉 ゆもとかん 【新潟県の混浴】

   ↑  2013/11/09 (土)  カテゴリー: 新潟県の混浴
内湯、露天ともに大きな混浴のあるお宿。
ag-DSC_0131.jpg

玄関に入るとすぐに広々としたスペース。
ag-DSC_0124.jpg

かなり大きなお宿です。
ag-DSC_0118.jpg

受付でチェックインを済ませて、
ag-DSC_0126.jpg
すぐにお部屋に案内してもらいました。

設備は古かったけどお部屋はまあまあ綺麗でした。
ag-DSC_0115.jpg

夕方16時頃に着きましたが、
混浴は結構混んでいたので、まずは男女別の内湯へ。
こちらが男湯。
ag-IMGP0533.jpg
男湯は内湯のみでした。

こちらが女湯の内湯で、
ag-IMGP0545.jpg

女湯だけ内湯から続く女性専用の露天があります。
ag-IMGP0542.jpg
塀の向こう側は一面田んぼでした。

さてさて混浴へ。
ag-IMGP0538.jpg

混浴はこのような作り。
ag-DSC_0121.jpg
男女別の脱衣所の先に混浴の内風呂、
その先に混浴露天があります。

こちらが混浴の内湯で、
写真奥が脱衣所になっています。
ag-IMGP0639.jpg
真ん中に石が配置されているので、
女性でも少しは入りやすいかも。

ただ、露天に向う時には写真手前と写真左側(女側)から
外に出るので、男性が移動すると女性側でも丸見えです。

こちらがその混浴露天①です。
塀に囲われていますが、かなり広々していて開放感がありました。
ag-IMGP0566.jpg

もうひとつの混浴露天②がこちら。
ag-IMGP0571.jpg
写真奥に見えるのが露天①です。

混浴露天②は①と比べるとこじんまりしています。

お湯も綺麗で適温だったので、とっても気に入りました。
ag-IMGP0574.jpg

夜は夜で雰囲気があって良かったです。
ag-IMGP0602.jpg

宿にいる間、ほぼずっとこの混浴に入って居ました。
大きくて、適温でお湯がきれいでとっても気に入りました。
ag-IMGP0636.jpg

私は宿泊で利用しました。
ただ気になったのはご飯があまり美味しくなかったことと、
従業員さんの対応が雑すぎたところ。

食事はお部屋でいただきますが、
食事の出し方があまりにも雑で、がっかりしました。
雑だったせいで美味しく感じなかったのかもしれませんし、
たまたま担当の方が良くなかっただけなのかもしれません。

お風呂はとっても気に入ったのですが、
次訪れるときには改善されているといいなぁ。

★五十沢温泉ゆもとかんのフォトギャラリー(フォートラベル)★

★五十沢温泉ゆもとかんのフォトギャラリー(楽天トラベル)★



訪問回数宿 泊日帰り湯 色景 観広 さ混浴度清潔度お気入度
1回透明


●クチコミをチェック!
五十沢温泉ゆもとかんのクチコミをチェック!

●他の人の旅行記をチェック!
五十沢温泉ゆもとかんの旅行記をチェック!

●宿情報や宿の予約はこちらからどうぞ
(楽天トラベル)で五十沢温泉ゆもとかんを予約


(じゃらん)で五十沢温泉ゆもとかんを予約


●ハピタス経由でポイント二重取り!
じゃらん、楽天トラベル、るるぶトラベルなどで
予約するとポイントが付きますよね。
でも、ハピタス経由で予約をするとハピタスでもポイントがもらえて
ポイントの二重取りができるんです。

じゃらんや楽天トラベル、るるぶトラベルなどをよく利用する人は、
登録しておいて損はないと思いますヨ。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

参考になったよ~と思ったら、ぜひクリックして下さいネ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 混浴 お気に入り度4 新潟 五十沢温泉 

(記事編集) http://royuri.blog135.fc2.com/blog-entry-131.html

2013/11/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

雨飾温泉 雨飾山荘 【新潟県の混浴】

   ↑  2013/10/19 (土)  カテゴリー: 新潟県の混浴
小さな混浴露天、都忘れの湯があるお宿。
雨飾温泉は糸魚川市の山奥にある一軒宿です。
糸魚川インターから国道148号線を南下して、
JR大糸線根知駅から県道に入って、
ひたすら山道を車で行った先にあります。
ag-DSC_0106.jpg

かなりの山奥にも関わらず、駐車場には車がいっぱい。
ここは雨飾山への登山の拠点となっているようです。
ag-DSC_0108.jpg

駐車場からすぐのところにある雨飾山荘。
ag-IMGP0530.jpg
左側のとんがった形の建物が、
男女別の内湯になっています。

フロントでお金を払って、
ag-IMGP0523.jpg

まずは内湯へ向いました。
ag-IMGP0503.jpg

お風呂はいたってシンプルな作り。
男女とも同じ大きさでした。
ag-IMGP0511.jpg

お湯はかなり熱めで、オレンジ色の湯の花が舞っていましたよ。
ag-IMGP0515.jpg

宿の中に登山コースが貼られていました。
ag-IMGP0520.jpg

混浴の都忘れの湯は服を着て宿を出た真正面にあります。
ag-IMGP0467.jpg

湯船はあまり大きくなくて、4~5人くらいの大きさでしょうか。
ag-IMGP0469.jpg

緑に囲まれていて眺望もいまひとつですが、
なんとなく落ち着く雰囲気です。
(虫がいなければ)
ag-IMGP0497.jpg

脱衣所は湯船から丸見えです。
ag-IMGP0470.jpg
先客がいたらちょっと服を脱ぎにくいですね。

私は8月に行ったせいもあり、
あぶの襲撃に悩まされて落ち着きませんでしたが、
それさえなければ、都忘れのゆったりとした時間が過ごせたと思います。
ag-IMGP0473.jpg

お湯は内湯よりも温めで透明度が高かったです。
ag-IMGP0484.jpg

ag-IMGP0489.jpg




訪問回数宿 泊日帰り湯 色景 観広 さ混浴清潔度お気入度
1回透明


●クチコミをチェック!
雨飾温泉雨飾山荘のクチコミをチェック!

●他の人の旅行記をチェック!
雨飾山荘の旅行記をチェック!

●宿情報や宿の予約はこちらからどうぞ
雨飾山荘のホームページ

●ハピタス経由でポイント二重取り!
じゃらん、楽天トラベル、るるぶトラベルなどで
予約するとポイントが付きますよね。
でも、ハピタス経由で予約をするとハピタスでもポイントがもらえて
ポイントの二重取りができるんです。

じゃらんや楽天トラベル、るるぶトラベルなどをよく利用する人は、
登録しておいて損はないと思いますヨ。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

参考になったよ~と思ったら、ぜひクリックして下さいネ。

この記事に含まれるタグ : 新潟 お気に入り度2 混浴 雨飾温泉 

(記事編集) http://royuri.blog135.fc2.com/blog-entry-128.html

2013/10/19 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

蓮華温泉 野天風呂 【新潟県の混浴】

   ↑  2013/10/04 (金)  カテゴリー: 新潟県の混浴
自然の中にあって、登山道沿いにある小さな混浴露天。

蓮華温泉は糸魚川市の山奥にある一軒宿です。
JR大糸線の平岩駅から県道を車で走るとたどり着くことができます。
白馬岳などに登山する方の拠点となっているようで、
登山客がたくさんいました。
ag-DSC_0004_20130928230944cd1.jpg

まずはこのロッジの受付で入浴料を払います。
建物の中には男女別浴の内湯があって、
野天風呂だけ入る場合と、野天+内湯の場合とで料金が異なります。
ag-DSC_0006.jpg

ちなみに内湯のお湯はと~っても熱かったです。
ag-IMGP0466.jpg

こちらが周辺の地図です。
ag-DSC_0007_2013092823094735f.jpg
混浴露天は三国一ノ湯、仙気の湯、薬師湯、黄金湯の4つがあって、
ちょっとした登山気分を味わいながら巡ることができます。
ag-DSC_0008.jpg

まず到着したのが三国一ノ湯。
ag-DSC_0010.jpg

登山道のすぐ脇にあるので、
誰かが通ると丸見えです。
ag-DSC_0014_20130928231016882.jpg

実際入浴中におじ様がふたり下山してきて、
ここに入っている人、初めて見たよ~って言っていました。
ag-DSC_0021.jpg

私たちはこの狭い湯船に4人で入りました。
もうホントにぎゅうぎゅうでした。

三国一ノ湯を出て、仙気の湯方面に登っていきました。
分岐点を左へ。
ag-DSC_0022.jpg

こういうトコを歩いていきます。
ag-DSC_0023.jpg

まず見えてくるのは仙気の湯ですが、
男の人が3人ほど入っていたので、
仙気の湯の上にある薬師の湯に向うことにしました。
ag-DSC_0025.jpg

これが薬師湯。緑色のお湯です。
ag-DSC_0030.jpg

一番高い位置にあるので、景色は最高。
開放感抜群です。
ag-DSC_0051.jpg

ちなみに、この薬師湯からは下にある仙気の湯は丸見えです。
ag-DSC_0037.jpg

仙気の湯が空かないかな~と思っていたら、
4人くらいの女性グループが仙気の湯にご入浴。
先に入って居た殿方たちと仲良く混浴していました。

ここはなんだかみんなフレンドリーで女性も大胆に見えました。
登山の達成感がそうさせるのかなぁ?

私たちも移動して仙気の湯へ。
ここまで来たら入らずに帰るわけにはいかないですよね。
ag-DSC_0055.jpg

登山をしてきた小学6年生の男の子とそのお父さんと
混浴を楽しみました。
会話も弾んでとっても楽しいひと時。
ag-DSC_0058.jpg
小学6年生での登山。
お父さんの背中がきっと大きく見えたんでしょうね。

そして最後に黄金湯
ag-IMGP0464.jpg
ここも登山道の脇にありますが、
三国一ノ湯よりは大きな湯船です。
ag-IMGP0462.jpg

お湯のはかなり濁りがあり藻のようなものが
舞っていました。
ag-IMGP0463.jpg
野天風呂なのでこの辺は我慢しないとですね。

大自然の中、登山客や温泉好きな人達と過ごすひと時。
混浴のだいご味を味わえる温泉でした。

★蓮華温泉のフォトギャラリー(フォートラベル)★




訪問回数宿 泊日帰り湯 色景 観広 さ混浴度清潔度お気入度
1回可(閉鎖期間有)いろいろ1~2

●クチコミをチェック!
蓮華温泉のクチコミをチェック!

●他の人の旅行記をチェック!
蓮華温泉の旅行記をチェック!

●宿の情報&宿泊予約はこちらからどうぞ
蓮華温泉ロッジのHP

●ハピタス経由でポイント二重取り!
じゃらん、楽天トラベル、るるぶトラベルなどで
予約するとポイントが付きますよね。
でも、ハピタス経由で予約をするとハピタスでもポイントがもらえて
ポイントの二重取りができるんです。

じゃらんや楽天トラベル、るるぶトラベルなどをよく利用する人は、
登録しておいて損はないと思いますヨ。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

参考になったよ~と思ったら、ぜひクリックして下さいネ。

この記事に含まれるタグ : お気に入り度3 混浴 新潟 蓮華温泉 

(記事編集) http://royuri.blog135.fc2.com/blog-entry-127.html

2013/10/04 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。